>

税務関係の仕事をしている人の年収は本当に高い?

企業の税務業務や監査を行う公認会計士

公認会計士の収入はどれぐらいか?

努力して資格試験に合格し、公認会計士になったとしても初めから高い収入が得られるという訳ではないようです。
それでも大企業の会社員で平均年収が600万円ほどだと言われているので、平均年収が約720万円の公認会計士は稼げる仕事だと言えるかもしれません。

もし大規模な監査法人に就職することができたとしたら、早い段階から年収500~600万円を実現することができ、努力次第では30代のうちに年収1000万円以上を稼ぐことも夢ではないようです。
公認会計士の仕事には監査を目的とする出張が多く含まれていますので、その都度出張手当や残業代がついているということも年収を上げる要因となっているのでしょう。
独立して自分の事務所を持つようになれば、頑張り次第で年収をさらにひき上げることができるかもしれません。

やや知名度の低い国家資格

あまり知られていないようですが公認会計士というのは弁護士や医師と並んで「三大国家資格」と呼ばれ、国家資格を必要とする責任重大な職業です。
その資格試験は文系の中では司法試験に次ぐ難易度であると言われていることからも、資格取得の大変さが想像できるのではないでしょうか。

学歴による厳しい受験資格が設けられた税理士とは違い、公認会計士の試験は誰もが受験することができるとされています。
科目ごとに時間をかけて合格を積み上げていけばいい税理士試験は、すでに実務経験を積みながら受験勉強をしているような社会人の受験生が多いのに対して、一度の試験ですべての科目に合格しなければならない公認会計士試験の受験生は勉強に専念することが可能な大学生や無職の人が多いようです。


この記事をシェアする