>

税務関係の仕事をしている人の年収は本当に高い?

高給取りになれる仕事の種類

勤務税理士の年収

会計事務所などに所属して活動している税理士のことを勤務税理士と呼ぶようですが、こうした税理士は給料という形で安定した収入を得ることができるものの自身で開業している税理士に比べると平均年収は4分の1程度になってしまうようです。

平均年収を見てみると高給と言われる年収800万円のラインにはわずかに及んでいませんが年収700万円程で推移しているといいます。
顧客の新規開拓に貢献したり、所長の絶大な信頼を得ることができれば給料アップが期待できるのかもしれませんが、厳しい受験勉強に耐えて資格試験を突破してきた代償としてはちょっと物足りないような気がするかもしれませんね。
それでも今は実務経験を積みながら、独立するための準備期間だと割り切ってみてはいかがでしょうか。

自分の事務所を開業した税理士

多くの人は勤務税理士として2年以上の実務経験を積み、税理士会に登録して正式な税理士となるのを待ってから独立して事務所を開業するという流れをたどっているようです。
そうして開業税理士になるとすべてが自分の腕にかかってくるので大変だとは思いますが、平均的な年収は一気に3000万円前後まで上昇すると言われています。
仕事を獲得する能力に長けていれば、たとえ規模の小さい個人事務所であったとしても大きな成果を上げることができるでしょう。

仕事の幅を広げていく為には新しい顧客を見つけたり、効率的に稼ぐことができるような仕事を受けていく必要があります。
インターネットが普及した現代では、そのためにホームページを製作して顧客獲得に乗り出している税理士もたくさんいるようです。


この記事をシェアする