税務関係の仕事をしている人の年収は本当に高い?

税金にまつわる仕事は稼げる?

高給取りになれる仕事の種類

手続きを代わりに行う「税務代理」や必要な書類を作る「税務書類の作成」だけでなく、納税者の相談にも応じることができるのは税理士という資格を持っている人だけです。 これらの独占業務を行う税理士になるためには難しい資格試験に合格する必要があるので、その専門性の高さが高給に結びついているのでしょう。

企業の税務業務や監査を行う公認会計士

公認会計士の主な業務は、クライアント企業の会計を第三者の立場で監査することです。 この監査業務は公認会計士だけが行うことのできる独占業務なのですが、公認会計士は税理士会に登録するだけで税理士としての独占業務も行うことができますので、高い収入を得ることが実現するのだといいます。

国家公務員である税務署の職員について

昔から公務員は安定しているからいいと言われています。 税務職員のような国家公務員になることは決して楽なことではないようですが、税務職員を目指すチャンスは何歳までの人に与えられているのでしょうか? ここでは税務職員になるための条件やその実状について紹介していきたいと思います。

税金に関わる仕事の代表格

稼げる仕事というのは、一般的にみて年収いくらぐらいの仕事のことを言うのでしょうか?
そこに明確な基準はないようですが、現代において高給と言われている年収は800万円以上であると推察されます。
ここでは平均して年収が高く、間違いなく高給であると判断できる職種にはどのようなものがあるのかを探っていきたいと思います。

普通に考えてみても、誰にでもできるような楽な仕事から大きな対価を得ることはできないはずです。
高給が期待される職種には高度な知識や技術が求められ、稼働時間についても一般の人とは異なっている場合が多いようです。
多くの成果を求められ仕事のことが頭から離れないというような業種もあるでしょうし、夜勤と日勤を繰り返すなど一般の人が活動していない時間帯に働くような業種は生活が不規則になってしまうかもしれません。
また世界中に進出しているようなグローバルな業界であれば国内外への転勤も多くなるものなので、そうした厳しい勤務体系が高給の理由となっていると言えるでしょう。

高い収入が見込まれる職種はたくさんありますが弁護士・公認会計士・ファイナンシャルプランナー技能士などは国家資格が必要な難易度の高い職業です。
弁護士や公認会計士は本来の職務に加えて、登録をするだけで税理士としての独占業務を行うこともできるので非常に専門性が高い仕事ですし、ファイナンシャルプランナー技能士は顧客の生活設計に合わせて税金対策などを含む総合的な資産運用方法を提案するお金の専門家のことをいいます。
このようなことから豊富な知識と経験が必要な税金関係の仕事は、稼げる仕事だと言ってもいいのではないでしょうか。

おすすめリンク